My feeling(文学、音楽、思想)

アクセスカウンタ

zoom RSS アプレイウス著「黄金のろば」プシュケの挿話が素晴らしい!

<<   作成日時 : 2011/03/09 16:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
この物語はロバにさせられた主人公が数奇な人生経験を経て、最後には女神イシスに救われ信仰の生活に入るまでをまか不思議ながら闊達に描かれているものです。

これを読んだ動機は、実は挿話として語られるプシュケの物語を読みたかったからですが、おしまいまで実に楽しかった。このアフロディーテよりも美しい人間界の乙女プシュケは、その美貌故に神からの嫉妬を買い不幸な人生を歩むのですが、他の資料やネット上には簡単な概略があるだけで、プシュケの詳しい物語が載っていない中、この作品中には挿話ではあるが実に素晴らしく語られています。

仕事の参考資料として楽しませていただきました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アプレイウス著「黄金のろば」プシュケの挿話が素晴らしい! My feeling(文学、音楽、思想)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる